※アフェリエイト広告を利用しています

ダイエットする

減量期にクレアチンを取るべき?ダイエット・減量を成功させる効果的な摂取方法を解説します!

減量期はクレアチンを摂取しない方が良いのかな?

むくむって聞くけどいつからカットすれば良いんだろう…

今回はこんなお悩みを解決できる記事をご用意しました。

この記事では、減量期のクレアチンとの向き合い方、特にコンテスト前はいつからカットすべきかについて解説します。

この記事は次のような人におすすめ!

・コンテスト前のクレアチンカットはいつからがベストか知りたい人

・コンテスト前に浮腫んでしまう人

・クレアチンについて知りたい人

この記事を読めば、コンテスト前のクレアチンはカットすべきかどうか理解することができるようになります。

それでは、どうぞ!

\クレアピュアを100%使用した高品質のクレアチン/

もう一段上を目指すなら、1日5gの新習慣を始めませんか?

クレアチンとは

クレアチンとはアミノ酸の一種です。

クレアチンを摂取効果は4つあります。

  1. 瞬発力アップ
  2. 筋肥大と筋力アップ
  3. 筋肉中に水分を引き込む作用
  4. 脳の機能を高める

ハードなトレーニングやここぞという時のパフォーマンスを上げる時に使われるのが一般的ですね。

しかし筋肉中に水分を引き込む作用もあるので、

コンテスト前に摂取するとパリッと仕上がらない

という理由からカットするトレーニーが多いです。

クレアチンの効果的な摂取方法

1日3g、ハードなトレーニーは1日5gが適切な摂取量です。

食材にも含まれており、肉1kgに約3g かじきや虹鱒などの魚類には1kgに5g含まれていると言われています。

肉1kg取るのは大変なのでサプリとして摂取するのが一般的です。

タイミング

トレーニング中・後が1番良いです。

なぜなら糖質と一緒に摂取することで吸収されやすいからです。

また、摂取目的はトレーニングパフォーマンスの向上なのでトレーニングしている時が望ましいです。

常温の水100mlの水に1gのクレアチンが溶けるのでトレーニング中のドリンクやトレーニング後のプロテインに混ぜて飲んでください。

【結論】減量期にクレアチンを摂取するべき!

減量期にもクレアチンを摂取し続けるべきです。

なぜならトレーニングパフォーマンスが落ちたら意味がないからです。

トレーニングパフォーマンスが落ちるということは、筋肉も同時に落ちているということです。

トレーニングパフォーマンスの低下=筋力の低下だよ

コンテスト1ヶ月前あるあるですが、むくんだら嫌だなという思いから1ヶ月前からクレアチンをカットするトレーニーが多いです。

しかし、クレアチン抜いたけどトレーニングパフォーマンス、強度が落ちてしまった!

これだと本末転倒です。

思っていたよりも小さい身体でコンテストに出ることになります。

せっかくつけた筋肉を減量期に落とさないために、大切なことはトレーニング強度の維持・向上です。

体脂肪が減るので多少はトレーニング強度落ちますが、できる限り維持できるようにクレアチンは摂取しましょう。

無理をして怪我をしないように気をつけよう

むくみが心配な人は1週間前にカットすれば問題ない

それでも、大会前に浮腫むのが心配だわ

1週間前にカットすれば問題ないよ!

1週間前にカットすればクレアチン起因のむくみのリスクがほぼほぼないと考えて良いでしょう。

理想はカラダを1週間前には仕上げておきたいですね。

なぜ早く仕上げるのかというと、疲労した状態で大会に出ると筋肉が萎んでしまい小さく見えるからです。

だから早めに仕上げ、1週間前からは疲労を抜きたいのです。

ピーキング週・・・1週間前から体の疲労を抜いていくという作業。即ちトレーニングを限界まで追い込まずトレーニングボリュームを抑えていく

このピーキング週はトレーニングを限界まで追い込まないのでこの時にクレアチンをカットすれば良いということになります。

大会1週間前まではクレアチンはカットすべきではない

クレアチン摂取はクレアピュアがおすすめ

クレアチンの中でも「クレアピュア」がおすすめです。

クレアチンにも種類が色々。

中でもモノハイドレートという形が一番安定していて体内でも使われやすいと言われています。

僕が実際に飲んでいるのがこちら。

筋肉博士こと山本義徳先生が監修しているVALXブランドなので安心ですし、何よりクレアピュア100%で値段も安いです!

ぜひ飲んでその効果を実感してみて!

\クレアピュアを100%使用した高品質のクレアチン/

もう一段上を目指すなら、1日5gの新習慣を始めませんか?

まとめ

この記事では、減量期のクレアチンとの向き合い方、特にコンテスト前はいつからカットすべきかについて解説しました。

まとめ

・クレアチンは筋肉の維持・向上のために必須のアミノ酸

・1日3〜5gをトレーニング中もしくは後に摂取する

・減量期はクレアチンはカットすべきではない

・大会1週間前にカットすれば浮腫まない

クレアチンは、トレーニングのパフォーマンスを維持・向上させるために必要なアミノ酸で、上手に付き合っていく必要があります。

ここの知識をしっかり身につけておけば、大会前までしっかりトレーニングを維持しながら、大会当日はパリッと仕上がると思います!

是非試してみて下さい!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

迷ったらこれ一択! 品質・飲みやすさ・価格、すべて優秀
「がし」も使っている超おすすめプロテイン「REYS」はこちら!