※アフェリエイト広告を利用しています

パーソナルジム

【NG】マナー違反するやつに筋トレする資格はない!ジムで嫌われる行動7選!

こんにちは。

初めてジムに通う時、「周りに迷惑かけてないかな?」と不安に思いながらトレーニングしていませんか?

あるいは、あなたの何気なくしているその行動はもしかすると「マナー違反」かもしれません。

実はジムにもマナーというものが存在します。知らず知らずのうちに周りの人の迷惑になる行動をしている可能性があります。

そこで今回の記事では、ジム嫌われる行動7つご紹介します。

アイコン名を入力

この記事は次のような人におすすめ!

・ジムに初めて通う人

・自分がジムでマナー違反していないか気になる人

・ジムのマナーを知りたい人

この記事を読めば、ジムでのマナーが身につくと思います。

そして、ジムのマナーを理解することでみんなが気持ちよくトレーニングをすることができると思います!

それでは、どうぞ!

1. 器具を元の状態に戻さない

ダンベルの出しっぱなしはもちろん、ベンチの角度を戻さないウエイトを戻さないは嫌われる行為です。

周りの人や次に使おうとしている人は、あなたが片付けをしているのを見て、その人のトレーニングが終わったことを認知します。

しっかりと使ったものは元の場所に戻しましょう。


また、重りも0kgに戻してあげましょう。

2. 使用した器具を拭かない

ベンチ台やダンベルなど使った後に拭かずに戻している方をたまに見かけます。

人は自分以外の人の汗を極端に嫌うものです。

自分が使う時を考えて下さい。めんどくさがらず拭いてから戻しましょう。

また、床に落ちた汗やこぼしてしまったドリンクなども必ず拭きましょう。床であればOKということにはなりません。

3. ガチャガチャうるさい

パワーラックでのデッドリフトやケーブルを使ったラットプルダウンをしている方に見かける行為です。たまにガチャンガチャン音を立てながら筋トレしている人いますよね。

普通にうるさいですし、器具が壊れます。

ネガティブ動作も意識できていないですし、がむしゃらにやっても筋トレ効果は良くないです。筋トレが雑であれば、筋肉のつき方も雑になります。

筋トレはネガティブ動作を意識して丁寧に行うのが基本です。できなければその重さは間違っていると認識しましょう。

4. 声がうるさい

筋トレガチ勢で多いのが、大声を出しながら筋トレする行為です。

ギリギリまで追い込んで声を出してしまうのは気持ちは分かります。が、そこはぐっとこらえましょう。そんなに大声出さなくても上がります。

5. 混雑時に同じ場所を30分以上使用する

ジムにもよりますが、1つの場所は基本的に30分までだと覚えておいて下さい。

周りに待っている人がいないように見えて実は使いたい人がたくさんいるはずです。

空いているなら良いと思いますが、混在時には譲り合いの精神でトレーニングしましょう。

6. パワーラックでのダンベル使用

パワーラックは人気の器具なので、そこにダンベルを持っていきトレーニングをするのはやめましょう。特によく見るのはサイドレイズです。

基本的にジムはパワーラックエリアとダンベル、フリーウエイトエリアに分かれていると思います。ダンベルの場所はダンベルの場所で決まっている場合が多いので、気をつけましょう。

7. 臭い

最後は匂いです。こればかりは致し方無いところもありますが、最低限ケアはしましょう。

自分のニオイに自分では気づかないもの。

しっかり匂いケアを怠らずに行いましょう。

一番困るのは、香水をつけまくってそれが汗と混ざり、ジム中に変な匂いが充満している時です。あれはもはや苦行以外の何物でもないです。

香水をつけるのであれば汗と混ざっても良い香水を選びましょう。
こちらのシャネルの香水はスポーツ用に開発された香水で筋トレ時につける香水としておすすめです。

トレーニングにおいて清潔感のある服装や身だしなみ以上に匂わないは大切です。

僕が長年使用しているおすすめの脇ケアアイテムも載せておきます。
直塗り後塗りOKワキガにまで効く優れものです。
これからの暑い時期必需品ですので、匂いが気になる方や汗をよくかく方はチェックしてみて下さい!

まとめ

この記事では、ジムで嫌われる行動を7つ紹介しました。

まとめ
  1. 器具を元の状態に戻さない
  2. 使用した器具を拭かない
  3. ガチャガチャうるさい
  4. 声がうるさい
  5. 混雑時に同じ場所を30分以上使用する
  6. パワーラックでのダンベル利用
  7. 臭い

ジムでのマナーを守って、気持ちよくトレーニングに励んでいきましょう!

ジムで嫌われる人はいわゆる気遣いができない人です。

目の前のことに集中することも大事ですが、視野を広げて気遣いができるトレーニーを目指しましょう!自ずとカラダだけでなく、人としても磨かれるはずです!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

迷ったらこれ一択! 品質・飲みやすさ・価格、すべて優秀
「がし」も使っている超おすすめプロテイン「REYS」はこちら!